ニキビ 種類

ニキビは大きく分けて3種類あります

挿絵

いくら頑張ってケアしていても、出来る時は出来るのがニキビですよね。
出来てしまったものはもうしょうがないですけど、なるべく早く治したいですよね。
そのためには、ニキビの種類を知り、適切なケアをする事が大切です。

ニキビは大きく分けると
  • 白ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黒ニキビ
の3つに分けられます。

この中でもっとも出来やすいのが、白ニキビです。
その名前のとおり、白い吹き出物で、ニキビの初期段階です。
  • ニキビケア用品を使って丁寧にケア・保湿する
  • 清潔を維持する
  • 刺激を与えない
  • 偏った食事や睡眠不足な生活をしない
  • ストレスを溜めない
といった点に気をつけて生活すれば、徐々に元のキレイな肌に戻ります。

そしてこの白ニキビをこれを潰したり、適切なケアをしてあげられないと、黒ニキビになります。
黒ニキビの対策も、白ニキビと同じです。
ケア用品で丁寧にケア・保湿しながら生活にも気を配りましょう

白ニキビや黒ニキビが悪化して炎症すると、赤ニキビになります。炎症が起こってしまうと、痛みが出る場合もあります。
赤ニキビは、アクネ菌や雑菌が繁殖してしまい、それを撃退しようとしている状態です。
決して触ったり潰したりせず、ニキビケア用品や化粧水・洗顔料・ボディソープなどは低刺激のものを使用しましょう

この他、
  • 思春期ニキビ(10代のオデコや小鼻のまわりに出来る。ホルモンバランスの乱れが原因)
  • 大人ニキビ(アゴなどに出来る事が多く、ストレスや化粧品、生活週間などが原因)
という呼び方をする場合もあります。

ニキビの原因や状況に合わせて、適切なケアを行うようにしましょう。
ニキビケア用品については、こちらのランキングも参考にしてください。

>>背中ニキビ薬・ケア用品の人気ランキングはこちら<<