ニキビ 時期

出来やすい年齢や時期があります

挿絵


ニキビには、出来やすい年齢や時期があります。
では、ニキビはどんな年齢・時期に出来やすいのでしょうか。

年齢で言うと、
思春期ニキビ:中学〜高校
大人ニキ:20代半ば〜後半
がピークです。

思春期ニキビは、第二次性徴期(女子は10〜15歳、男子は11〜16歳頃)に出来やすいです。
この時期はホルモンバランスが変わりやすく、女子は女性ホルモン、男子は男性ホルモンが皮脂の分泌量を増やします。
これが原因となってアクネ菌が増殖して、ニキビが出来やすくなります。

大人ニキビが出来やすい年齢は、
  • ストレスが増える
  • 生活習慣が乱れやすくなる
  • ターンオーバーが遅くなる
という3つの時期と重なります。
この時期は生活習慣が乱れやすく、また、メイクを長時間メイクしたままにする事が肌の負担になり、ニキビが出来やすくなります。
また、ターンオーバーが遅くなってくるので、一度出来てしまうとなかなか治らなくなってきます。

季節で言うと、
  • 季節の変わり目
に多いです。
季節の変わり目は体が気温や気候の変化についていけず、免疫力が下がります。
そうなると、ニキビが出来やすい状態になってしまいます。
また、エアコンの効きすぎで寒かったりすると、体温のコントロールが上手くいかずに自律神経が乱れ、これもニキビの原因となります。
さらに、汗をかいままの状態が長く続くと不潔になって、これもニキビの原因となります。

空気が乾燥する冬もニキビは出来やすいです。
乾燥は、ニキビの大きな要因の一つです。
肌が乾燥すると真皮の水分量が減り、角質が硬くなります。それによって毛穴が詰まり、ニキビの原因になってしまいます。
そのため、冬の保湿はすごく大切です。
こちらのランキングを参考にして、自分に合ったニキビケア用品・保湿商品を見つけて、丁寧にケアしてください。
>>背中ニキビ薬・ケア用品の人気ランキングはこちら<<