ニキビ跡

ニキビ跡を残さないためには?

挿絵

ニキビが出来てしまっただけでも憂鬱なのに、跡が残ったらさらに気分が沈みますよね……。
でも、安心してください。
赤みがあるニキビ跡はスキンケア用品で改善できるし、クレーター状やケロイド状のものも、自宅でのケアで改善できる可能性はあります。

ニキビ跡が残らないようにするには、なるべく早く治すことが大切です。
ただし、無理に潰したり、ファンデーションなどで隠そうとするのは逆効果です。
また、手で触ったり、頬杖をつくのも止めましょう。
ニキビにはなるべく刺激を与えないようにして、清潔を保ち、ニキビケア用品でしっかりとケアをしましょう

刺激を与えてしますと、赤いニキビ跡が残ってしまったり、色素沈着してしまう可能性が高まります。
また、この時に紫外線を浴びると、メラニンが生成されてニキビ跡が残りやすくなってしまいます。
ファンデーションの塗りすぎは良くありませんが、UVケアは忘れないようにしましょう

ニキビを早く治したり色素沈着を抑えるには、ビタミンCが効果的です。
フルーツや野菜などの食べ物から摂取するのはもちろん、サプリも併用するのがおすすめです。
また、”ビタミンC誘導体”という成分が配合された化粧水もおすすめです。

また、適度な運動や入浴で汗をかいて、新陳代謝を促すことも重要です。
代謝が高まると肌のターンオーバーが促され、ニキビ跡が残りにくくなります。

>>背中ニキビ薬・ケア用品の人気ランキングはこちら<<